子ども劇場って、どんなところ?

演劇をやるのではなく、舞台を鑑賞したり、 みんなで遊んだりしながら楽しんで子育てをしているところです。
みんなで選んだ例会を観ることで、意外な舞台に出会えます。事前に劇団の方から舞台制作の背景やプロの心構えを知ることで、舞台が何倍も楽しめます。
お当番を決めて、親子で受け付けや司会、本などの販売を行っています。その中で段取りも自然に学びます。来ていただいたお友だちのチケットを入り口でもぎるのも楽しみの一つです。 どの例会の担当になるかはお楽しみに。
会員さんの会費で運営している非営利団体です。 地方に住んでいても、第一線のプロの舞台と子どもたちが出会うために、みんなで出資した資金で賄っています。

子ども劇場の活動は2本立てです

舞台鑑賞(鑑賞例会)

低学年、高学年向けの、人形劇や音楽などの舞台を鑑賞します。

自主活動

キャンプや、スキー、海の体験や、山の秘密基地で遊ぶ「あそびじゅく」など、さまざまな活動に取り組んでいます。 野外活動では子どもたちが小刀を使って竹の箸やお椀などを作ったり、火をおこしたり... 活動を通じて、実際に体験する楽しさや、親子の絆、仲間づくりなどの交流を深めます。 子どものうちにいっぱい体験しましょう!